SEO対策で集客アップを目指す!

過去のSEO対策

今までのSEO対策は一体どのようなシステムだったのでしょうか。
2000年以前のSEO対策は、サイト内の文字数とページ数が主流となっていました。
そのため、サイト内の文字色を変えて見にくくしたり、不要にページ数を増やして実際よりも多くするなどの悪質な方法が横行していました。
しかし、2000年代初頭に日本のSEO対策を一新する検索エンジンが上陸します。
それが今日本で最も多くの人が利用している検索エンジンになります。

その検索エンジンは、今までとは違い、ウェブサイトの文字数やページ数ではなく「被サイト」に注目しました。
被リンクされているということは多くのサイトが勧めたいと考えているということと、被リンク側が何らかのアクションを起こさない限り自然に被リンクされることはないという2つの理由からです。

SEOの今後は?

近年インターネット上では、SEO対策についてネガティブな内容の記事がちらほらと見受けられます。
今後は、検索エンジン側でも様々な対策がなされ、今までどおりでは上位に表示されにくくなるといった話も出てきています。
では、ウェブサイト側はどのような対応をすれば良いのでしょうか。

まず第一に言われているのが、「検索エンジン側が求めているものを把握する」ということです。
どんなにウェブサイトに工夫を施したところで、検索エンジン側の求めていることと異なる場合は、検索結果において上位に表示されることは難しいでしょう。
日本でトップの検索エンジンは、大々的に「ユーザー第一」を掲げています。
検索エンジンを利用したユーザーに対し、質の高いコンテンツを結果として表示することでユーザーの満足度を上げることを目的としています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ